final_STORE@川崎

 

川崎にfinal_STOREが移転した記念に開催が予定されていたプレオープンイベントは、まんえん防止期間の適用により、無期限延期となってしまいました。

東京は3/6までの予定が再延長で3月下旬までとなりそうなのですが、なんらかの形でイベントが開催されることになったら足を運びたいです。

川崎駅から近い

いつもたくさんの人に追い抜かれるような私でも、5〜6分で到着します。

駅への行き方は分かりやすく動画がアップされているので、そちらをご覧ください。

それにしても、川崎駅までが遠い・・・

秋葉原だったとしても移動時間は変わらないだろうけど、コロナ禍&勉強のため1週間ずっと家にこもっているのが普通だった私にしては、かなり頑張って外出している感じです。

落ち着いた雰囲気

木製のものが多くて(棚、机、椅子、グッズを置くための小物など)、リラックスできる雰囲気が漂っているお店。

ストア内の様子は公式サイトにあります。

直営店final STORE

店内もスタッフさんも撮影all OKとのこと。

イヤピガチャをした時は、どのサイズを選んだかを忘れないように、必ずイヤピガチャコーナーの写真を撮ってます(笑)

 

昨日行った時にはもう展示されていませんでしたが、羽生結弦さん別注モデルも紹介されていました。

 

静かな環境で試聴できる

BGMなどで音が遮られることはないので、静かな環境で試聴できます。

今は工事中とのことですが、防音室での試聴もおすすめのよう。

フラッグシップ製品じゃなくても気軽に防音室で試聴してみても良いのかなーという印象です。

公式サイトに紹介されていない製品も試聴ができるし、さまざまな音(製品)を体験できて楽しいです。

 

スタッフは三者三様で楽しい

アプリのストアスタッフ紹介欄には店長さんがいらっしゃるようなのですが、私はクマさん、ナタリーさん、きむ兄さんのお三方にしかお会いしたことがありません(お名前はアプリのスタッフ紹介順を参照しました)。

お三方を見ていて感じるのは、全然違う性質を持った人たちの集まり、ということ。

個人的には、それがとても良い相乗効果をもたらしているのではないかなーと思います。

きむ兄さん

昨日ストアへ行った際、きむ兄さんが「僕はヘッドホンよりイヤホンが好きで、1つしか持ってないんですよ(しかも他社の製品)」と言っていたんです。

スタッフ紹介欄にもあるように、きむ兄さんはリケーブルの旅を続けていらっしゃるようなので納得ですが、「このバンドにはこのイヤホン」というようにバンドごとのイヤホンがあるそうで、かなりのこだわり具合。

リケーブルを含めた相談の強い味方になってくださるでしょうね。

きむ兄さんはめちゃくちゃ自然体という印象ですが、サラッと「この製品が好きだと思いますよ」と言ったりします。

 

ナタリーさん

スタッフ紹介欄に「オーディオ以外のお話もできたら・・・」とあるので、「なぜ日本に来ることになったのですか?」と聞いてみました。

ちょうど近くにいたクマさんが、「初めて知った〜」と言っていて、笑いましたけど。

とてもお美しいですが、飾り気のないお方です。

そして、ナタリーさんのふとした言葉は、シンプルなのに奥が深い気がします。

客の気持ちを引き出すのがお上手でドキッとするのだけど、きっとご本人はそんなつもりはなく、なんとなく投げかけたひと言という感じなのでしょう。

 

クマさん

色々なことを言葉で表現するのがとてもお上手な方という印象です。

ライブ配信のアーカイブを見ると分かると思います。

特に、曲紹介についてクマさんがお話している部分は秀逸です。

オーディオ製品の特性を初心者でも分かる言葉で説明するのはとても難しいはずなのに、なんであんなにスラスラと的確に伝えることができるんでしょうね。

昨日は、ヘッドホンの作りという専門的で難しい部分を、分かりやすく説明してくださいました。

すでに私の好みを完全に把握してくださっているので、安心して相談できます。

 

final製品、オーディオ関連じゃなくても

製品についての相談や実機の試聴、購入などができるのはもちろんなのですが、オーディオに関係のない縁側でのおしゃべりみたいなこともできる、不思議な場所です。

勇気を振り絞って1月末にfinal STORE(以下、ストア)に初めて足を運んでから、すでに4回もお邪魔している私。

基本的に「コレを買おう」と決めて行くのですが、思いがけない出会いもあります。

Make 2と常連さん

2回目にストアを訪問した際、ピアノフォルテやheavenシリーズを試聴しました。

そもそも、何がきっかけでこれらの製品を試聴することになったのか?は全然覚えていませんが。

見た目だけでなく、その音質が気に入って、「heaven vi を買ってしまおうか?でも、最後のひと押しになるものが何か足りない」という状態で悶々としていた時のこと。

 

「あちらのお客様が『コレを試してみてはどうでしょう?』とおっしゃっています」と、見たことのないイヤホンを貸してくださいました。

聴いてみると、heaven viに決めきれなかった部分が解消されたイヤホンで、ビックリ!

改めて聴き比べてみて、「このイヤホン欲しい〜!」と。

 

色々とお話を伺い、そのイヤホンがMake 2であること、その場でクマさんに同じチューニングにしていただけることを知り、即決。

帰り道がとても幸せでした。

 

 

ちょうど閉店時間だったこともあり駅までご一緒だったのですが、古くからのfinalファンで、ストアの常連さんとのことでした。

その後、Makeシリーズでもチューニングが紹介されている方と分かり、2度目のビックリ体験でしたけど。

お声がけくださったこと、試行錯誤の中でたどり着いたチューニングを快くシェアしてくださったことがとても嬉しかったです。

 

ストアではこんな素敵な体験もあるのですね。

 

final STOREは穏やかで優しいエネルギーに包まれた場所なので、final製品と出会って間もないオーディオ初心者でも心地よく過ごせます。

 

新たな仲間

final製品

自宅では有線イヤホンはA8000とMake 2、ヘッドホンはSONOROUS II、外出時はZE3000とEVAをその時の気分で使い分けてます。

もう1つだけヘッドホンで欲しいのがあるけれど、しばらくの間はこれ以上手を広げず、これらの製品と音楽を聴く時間を楽しみたいと思います。

あとは、リケーブルやイヤピ・イヤーパッド程度にして、今後finalが新製品を発売したときに応援。

 

DAPからDACへ

WALKMAN ZX507とWF-1000XM4をお嫁に出して、代わりにifiオーディオのxDSD Gryphonを買いました。

日本のメーカーに限定するのが難しくて、ここは妥協。

 

Gryphonで聴いて初めて分かったのは、ZX507は温かみのある音色だったな、と。

Gryphonは原音に近い音のような。

どちらにも良さがあると思います。

 

本当は今月下旬に発売予定のWM-1AM2を買うつもりでいたのですが、もうGryphonでいいかなーと。

気軽に楽しく音楽を聴きたいだけの人間なので、持ち運べる上に自宅ではMac mini・iPad Pro・iPhoneに接続できるのは便利(9台まで接続可能)。

明日にはハイレゾ対応らしい富士通のlaptopが修理から戻ってくるので、これに接続したらどんな音になるのか楽しみです。